コミュニケーション(LINE編)


 最近、家内の方から「LINEで家族の部屋を作ったからちゃんと見ろ」との指令が来た。前からメールでのやり取りは慣れているし、メールであれば忙しいときは後で返事が出せるし、それはそれであまり不便は感じていなかった。しかも、行動範囲(もっぱら自宅とクリニックであるが)の要所要所にはスマホやタブレットを配置してあるし、メールのチェック位はほとんど日常生活の一行動になっている。おそらくメールをチェックしている頻度は日に100回まではいかないにしても数十回には及ぶと思う。メールもいくつかのアドレス(個人的なものやクリニック用のもの等)宛てに届いたものをまとめてあるので、商品の新発売とかバージョンアップとか、あまり重要でないものも含めて100通くらいは届いている。もちろん医師会関連やクリニックあてに届いた重要度の高いメールも含まれるので、必ずチェックだけはしている。(まあ多くは内容を見ることもなく開封済みにしているが)
 そこで、例の家内からの「LINE指令」であるが、一度夫婦だけで実家の方に帰省した時に利用したことがある。ちょうどお盆休みでもあり、広島の私と家内、長野の娘、東京の息子とのLINE合戦?となったわけであるが、私が「やっとホテルのWiFiにつながった」とメッセージを送っている間に、家内と娘と息子は各々3往復位のやり取りをしているのである。しかもクマやウサギのような動物が、謝ったり笑ったり泣いたりしたのが並んで、私の書き込み等はすぐに見えなくなってしまうのである。返事を入力している間に話題はすでに違うものになっていたり、とてもそのスピードについていけない。動物は簡単に送れることを習って、入力しようとしたが候補がいっぱい出てきてちょうどあったものを探すのに手間取ってしまう。結局、ひと区切りついて皆が「おやすみ」(クマやウサギが寝るのであるが)を言うまでに、私は2回しか会話に参加できなかった。


 世の中のスピードというかコミュニケーションはこれほどまでに変化してきているのであろうか。メールを送る時にも文章を何度か読み直して、相手に言外のニュアンスがうまく伝わるようにしてきたつもりであるが、世の中はすでに要点だけ伝わればそこに誤字・脱字があろうがなかろうが関係ない時代になってきているのかもしれない。もちろん行間からこちらの真意をくみ取ってもらうことなどは期待してはいけないのだろう。
 スマホの話になるが、2年前に機種変更してそろそろ分割払いが終わるころである。その間に家族は着々と新しい機種(リンゴマークのもの)に変更して、android端末を使っているのは私一人である。これは、要所要所に配置してあるタブレット等と連携をするためであったが、すでに時代は行動範囲が狭い人でもスマホを常に肌身離さずにいるのが当たり前になっているようである。そして、LINEでクマやウサギでやり取りをするのが常識になっているのかもしれない。

久しぶりの新規投稿

 もともと長続きはしないだろうと思って始めたブログではあるが、案の定1年以上のブランクが空いてしまった。生来こつこつ何かをやるというのは不向きなのかも知れない。今回は久しぶりにホームページ作成関連のソフトをいじる必要が生じて、いろいろと手を入れているうちに勢いでブログにまで手が伸びてしまった。

 以前からホームページはスマホ(スマートフォン)でも閲覧可能なように、画面に切り替えスイッチをつけてはいたのだが、スマホ用の画面の作りが甘く、きれいに表示されていなかった。もっとも、ホームページ作成ソフトのスマホサイト自動作成機能を使って作成した物だから、パソコン用の画面をいじっているうちにスマホ用の画面の表示がずれてしまったのだろう。そもそも、一つの表示に二つのデザインを作らなければならない事自体手間がかかってやってられない。そこで放置していたわけだが、さる説明会で最近のホームページはスマホやタブレットで閲覧される割合が多く、我々の業界(医療界)では半分以上になっているとの事であった。確かにクリニックの検索にいちいちパソコンを立ち上げる事などずいぶん減っているのだろうとは思ったが、自分のやっていることを考えると納得がいく。ア○○○で本を買ったり、ヨ○○○でプリンターのインクを買ったり、ユ○○○でステテコを買ったりするのも、全部ベッドに入ってから寝るまでの間の7インチタブレットからである。詳しいことは『診療メモ』の方に書かせていただいた。

 そんなわけで、やっとブログの方に目と手が向いたわけで、最近のよしなし事を記録する気になったところである。

 最近はいろいろなところで、やっかいな問題が起こっている。私の身の回りではなくもっとグローバルな視点からである。日本列島全体で地下のマグマが活性化している印象で、それに関連してか地震も多い気がする。政治や外交の分野でも、憲法解釈やら集団的自衛権とかで論議されている。詳しいことは分からないが、自分で自国を守るためにはそれなりの準備は必要で、自分だけで守れないとなると、仲間と協力して守るというのは当たり前のような気がする。国というのは集団で生きていくためにはやはり最低限守らなければならない一つのまとまりだと思う。

 どこかの国で、財政が破綻しかかっているところがあるが、自分で努力する前に助けてもらおうと考えているふしがある。外交上の駆け引きかも知れないが、国を挙げて自助努力を怠っている様にも見える。

 過去の歴史を見ても、日本は何度か存亡の危機に面したことがあった。その都度、国を何とか変えなければというヒーローではなくても人物が現れて、我々を導いてくれた。人物ではなくて助けてくれたのが大風であったりもした。そういった国の存亡ということを考えると、沖縄の基地問題などは、もう少し話し合いでうまくいかないかと思う。東シナ海の地図を見れば、どう考えても直接危ういのは沖縄あたりである。地元の人には申し訳ないが、ある程度の譲歩はお願いできないかと思う。まあ、この辺は日本人は丸く収めるのが美徳であるらしいので、最終的には何とかなるのではと思っている。

 ところが、天変地異だけは丸く収めるというわけには行きそうにない。昔、『日本沈没』という小説があり映画にまでなったが、沈没はしないにしても、日本一の山の噴火は否定できそうもない。私の生きている間にでも心配である。回りを1周しようと、1/17周まで(最初の1回だけ)完了したが、あと16回分も残っている。杞憂になってもいけないが、今のこの状態で本気で心配していても変人扱いはされないであろう。

 まあ、直接ではないにしても気になることは山積している今日この頃である。ブログのネタもそこら中にありそうだし、今度こそ続くと思っている。いや思いたい。いや続く気がする。

久しぶりの渋谷

 久しぶりに渋谷に行ってみた。ぶらぶら歩いたのは何年ぶりだろうか。メインの用事はフィットネスクラブの解約である。 フィットネスは会員になった当初は週に1回か、2週間に1回位通ってもいたが、ここ何年かは全く足が遠のいていた。そこに来て東横線の渋谷駅が東側の地下に移動して、センター街との距離が遠くなったために、ますます行きづらくなった。東急ハンズなどに行くのも非常に不便になった。

 東横線の渋谷駅から地下道を通ってJRの渋谷駅を抜けて道玄坂方面まで歩いたが、何か似たような地下道を歩いた記憶がある。『渋谷ちかみち』と言うらしいが、ヒカリエと109まで案内してくれて、昔しか知らない者にとっては何となく安心感がある。緑の案内図が縦だったり横だったり、几帳面な(?)私にとっては見ていて気分が良くないが、少なくとも道に迷ったりはしないから安心である。と、そこで急に新宿の地下道を思い出した。東横線が直通で新宿方面まで延びて、これまでにも何度か新宿まで行ったが、そこの地下道と雰囲気が似ている。スケールは全く違うのだが、この道をまっすぐ行くとJRの駅に着き、その周辺に目指すカメラの量販店があるというのが似ている。最初は戸惑ったがこれなら迷子になる心配はない。後はどの出口から出れば、目的の場所に近いか覚えるだけである。

 最近、ネットでの通販に頼って、全く店舗などには行かなくなった。本屋にしても、カメラ屋にしても、全く足が遠のいている。そのうち店に行くのはメガネの修理くらいになってしまうのかも知れない。土曜日で街は相変わらず混雑しているが、やはり人はうんと若い。のどが渇いてドーナツ屋に寄ってアイスコーヒーを飲んだが、周囲は高校生であったり、大学生であったり殆どが自分の子供より若い印象である。まあ、それだけ自分が年をとったということなのだろうが、フィットネスにも行かなくなった自分の行く末を考えると、無理をしてでも街に出てみることも必要かも知れない。 ぶらぶら歩いて昔メガネを作ってもらったメガネ屋に行ってみた。その店はあるにはあるのだが、店の雰囲気は昔と違って若者風の内装となっていた。思わず店員に『ここメガネの**・**さんですよね』と聞いてしまった。

携帯電話の機種変更

 予約していた携帯電話(スマホ)が入荷したとのことで、駅近くのドコモショップに出向く。30分待ちとか平気で表示しており、最近の人はこれくらい待つのは平気なのかも知れない。温冷各種飲物も無料で飲めるし、買ってまでは読まないような各機種の説明本が並べてあるし別に待つ事自体は不満ではない。ただちょっとちょっかいを出したくなって、「時間がかかるようなら又出直すけど・・・」と比較的上の店員(もしかして店長かも)に声をかけると、「後5分位です」との返事。即座に返事が返ってきたところによると、時間を気にする客にはとりあえず5分と伝えるような教育がなされているのかも知れない。「じゃあ待ちます。」と待つこと6分で、バイト風の男性がアンケートの様な紙を板に挟んで登場。これで少し時間稼ぎをするらしい。予約の機種が入ったと連絡を受けたので来たと伝え、早々に窓口へ案内される。

 窓口は女性である。20代後半か30代前半と踏んだが、「時間がないそうですけど、何時までにここを出なければいけませんか?」と、非常に親切である。まあ、少し長めに30分後位後の時間を告げる。そうすると「ぎりぎりですね。SIMの発行までにそれくらいはかかるので、どうしましょうか?」と。SIMとは携帯電話に入っている、小さなSDカードに似た契約を記録してあるカードで、端末が電話機能や通信機能を発揮するために必要だが、機種によっては使い回しがきく。やっていいのか悪いのか知らないが、中古で買ったスマホに差し替えて使ったりも出来る。今まで何回もやっていて不都合もないし注意の連絡もないので、電話会社からは自社の回線を使って貰えばいいだけの話なのであろう。たぶん使用している機種の情報なんかも携帯電話会社には行っていないのかも知れない。 今回も、今までのSIMが使えるのなら、そのまま使うから良いと伝えると、どうやら同じ大きさのSIMにもいろいろあるらしい。お財布携帯が使える、使えないの違いらしいが、そもそもお財布携帯などという機能は使ったことがない。それでなくても金食い虫の携帯に財布など持たしたらどうなるか分かったものではない。

 いろいろな追加機能を勧めてくるが、すべてなしにして、ようやくSIMを入れ替えてもらい開通確認をする。目の前で、係の人と電話をして問題ないことを確かめて機種変更が完了した。時間で25分。途中よどみない説明と、私のよどみない?返答をもってこれである。SIMの発行などあると確かに30分では終わらないなと思った。 それにしても、ドコモの店員はいつ来ても誰に当たっても、ハズレというものがない。愛想もいいし、ITにも強く、あの複雑な料金体系をよどみなく説明してくれるし、おまけに今の使用状況に応じたお勧めの料金コースを教えてくれたりする。業務の流れを見ているとかなりの部分、クリニックの受付業務と共通点がある。一人うちのクリニックの受付に欲しい位である。