犬の散歩と公園

 毎日朝晩、犬の散歩に出かけているが、平均して5~6頭(匹)の顔見知りの散歩犬と出くわす。目黒区は飼い犬、飼い猫が意外と多いのかも知れない。前から飼っている 肥満ビーグルの方は、もう13才を超えたこともあり、そこら中を嗅ぎ回る位で、おとなしく引きずられていつものコースを回っている。5年前に来た規格外(大きい)チワワは、自分の体格を過信してか、平気で柴犬なんかに吠えかかっている。
 散歩コースの途中にいくつか小さな公園があるが、よく見ると看板に犬の散歩はお断りと書いてある。別に放し飼いにしている訳でもなく、途中粗相でもしようものなら、ティッシュとビニール袋と水の入ったペットボトルは常備していて、最低限のマナーは守っているつもりである。それでもだめなのかと思っていると、どうやら区のホームページにはちゃんと理由が書いてあった。以下がその引用である。

公園看板

 『区立の公園等は、基本的に誰でもが自由に利用できる場所として設置していますが、限られた貴重な都市空間を有効活用するためには、現時点では、犬を連れての公園等の利用は区としても制限または禁止せざるをえないものとなっています。
区民から寄せられるご要望では、犬好きの方、犬が怖い方、犬が嫌いな方と、人によって犬に対する感情はさまざまです。
 公園等で犬を散歩させてはいけないという法律や条例はありませんが、多くの人が利用する公園等では、一定のルールが必要です。
 実態では、ふん尿の不始末や不衛生な状態、東京都動物の愛護及び管理に関する条例で禁止されている放し飼いなど、一部の飼い主のマナーに反した公園等の利用のため、やむなく、区立公園条例第四条(行為の禁止)の12号に定める「公園の管理上支障があると認められる行為」を根拠として、看板等の表示により一部の区立公園を除いて、原則的に区立の公園等への犬の立ち入りを禁止しています。しかし実際には、看板等の表示は必ずしも守られていないケースがあります。
 このため、現実的な対応として、公園等の園路以外の芝生地や植込みに犬などのペットを連れての立入りは禁止し、それ以外の園路などの場所では、犬などに引き綱をつけていただくこと、放し飼い(ノーリード)は禁止であること、また、ふん尿を始末することなどを守っていただくことをお願いしています。』

 長くて要点が良くつかめない文章だが、要するに『公園等への犬の立ち入りは禁止』ということらしい。看板を出しているから、守らないのは飼い主のマナーの問題だと書いてある。でもマナーを守らないのなら、ノーリードやふん尿始末などの最低限のマナーを守って欲しいとも書いてある。何ともお役所的というか日本的な解決方法である。公園内でトラブルがあったときは、看板で立ち入り禁止としてあると言えるし、飼い主から公園は区民のものだと言われれば、入っても良いが最低限のマナーを守っていただくようお願いしていると言えるし、結局この辺の所はうやむやにしているのであろう。
 気の弱い私と肥満ビーグルは、長年ルールを厳格に守って決して公園には近付かないが、どこか広いところで思いっきり走らせてやりたいと思っている。というか思っていた。2年位前から肥満ビーグルの方は白内障で目がよく見えていないし、足腰も目立って弱くなってきた。以前は吠えかかっていた宅急便のカートがそばを通っても最近は気にならないらしい。
 

久しぶりの新規投稿

 もともと長続きはしないだろうと思って始めたブログではあるが、案の定1年以上のブランクが空いてしまった。生来こつこつ何かをやるというのは不向きなのかも知れない。今回は久しぶりにホームページ作成関連のソフトをいじる必要が生じて、いろいろと手を入れているうちに勢いでブログにまで手が伸びてしまった。

 以前からホームページはスマホ(スマートフォン)でも閲覧可能なように、画面に切り替えスイッチをつけてはいたのだが、スマホ用の画面の作りが甘く、きれいに表示されていなかった。もっとも、ホームページ作成ソフトのスマホサイト自動作成機能を使って作成した物だから、パソコン用の画面をいじっているうちにスマホ用の画面の表示がずれてしまったのだろう。そもそも、一つの表示に二つのデザインを作らなければならない事自体手間がかかってやってられない。そこで放置していたわけだが、さる説明会で最近のホームページはスマホやタブレットで閲覧される割合が多く、我々の業界(医療界)では半分以上になっているとの事であった。確かにクリニックの検索にいちいちパソコンを立ち上げる事などずいぶん減っているのだろうとは思ったが、自分のやっていることを考えると納得がいく。ア○○○で本を買ったり、ヨ○○○でプリンターのインクを買ったり、ユ○○○でステテコを買ったりするのも、全部ベッドに入ってから寝るまでの間の7インチタブレットからである。詳しいことは『診療メモ』の方に書かせていただいた。

 そんなわけで、やっとブログの方に目と手が向いたわけで、最近のよしなし事を記録する気になったところである。

 最近はいろいろなところで、やっかいな問題が起こっている。私の身の回りではなくもっとグローバルな視点からである。日本列島全体で地下のマグマが活性化している印象で、それに関連してか地震も多い気がする。政治や外交の分野でも、憲法解釈やら集団的自衛権とかで論議されている。詳しいことは分からないが、自分で自国を守るためにはそれなりの準備は必要で、自分だけで守れないとなると、仲間と協力して守るというのは当たり前のような気がする。国というのは集団で生きていくためにはやはり最低限守らなければならない一つのまとまりだと思う。

 どこかの国で、財政が破綻しかかっているところがあるが、自分で努力する前に助けてもらおうと考えているふしがある。外交上の駆け引きかも知れないが、国を挙げて自助努力を怠っている様にも見える。

 過去の歴史を見ても、日本は何度か存亡の危機に面したことがあった。その都度、国を何とか変えなければというヒーローではなくても人物が現れて、我々を導いてくれた。人物ではなくて助けてくれたのが大風であったりもした。そういった国の存亡ということを考えると、沖縄の基地問題などは、もう少し話し合いでうまくいかないかと思う。東シナ海の地図を見れば、どう考えても直接危ういのは沖縄あたりである。地元の人には申し訳ないが、ある程度の譲歩はお願いできないかと思う。まあ、この辺は日本人は丸く収めるのが美徳であるらしいので、最終的には何とかなるのではと思っている。

 ところが、天変地異だけは丸く収めるというわけには行きそうにない。昔、『日本沈没』という小説があり映画にまでなったが、沈没はしないにしても、日本一の山の噴火は否定できそうもない。私の生きている間にでも心配である。回りを1周しようと、1/17周まで(最初の1回だけ)完了したが、あと16回分も残っている。杞憂になってもいけないが、今のこの状態で本気で心配していても変人扱いはされないであろう。

 まあ、直接ではないにしても気になることは山積している今日この頃である。ブログのネタもそこら中にありそうだし、今度こそ続くと思っている。いや思いたい。いや続く気がする。